Simple Lives

安全なもじらの飼いかた


もじらをインストールする

さて、さっそくインストールしましょう。

[注意]インストールする前に、必ず前の版のもじらをアンインストールして下さい。


インストーラを使ってもじらをインストールする

  1. まずダウンロードしたファイルをダブルクリックして実行します。
  2. インストール画面(Welcome)がでるので、「次へ」(Next)ボタンを押します。
  3. ライセンス承諾画面(Software License Agreement)がでるので、「同意する」(Accept)ボタンを押します。
  4. インストール方法選択画面(Setup Type)が現れ、
    • ブラウザのみ (Browser Only)
    • 完全インストール(Complete)
    • カスタム(Custom)
    の3種類のインストールから選ぶようにいわれるので、ここは「カスタム」(Custom)を選びます。 また、インストール先を標準的なC:/Program Files以外にしたい場合は下の「参照」(Browse)ボタンを押してフォルダを指定します。 問題なければ「次へ」(Next)ボタンを押します。
  5. 次の画面でインストールするコンポーネントを選択するようにいわれるので、以下の項目は必ずチェックしてください。
    • Navigator
    • 日本語プロファイル標準設定 (日本語インストーラだけ現れる)
    • 日本語(日本)言語パック (日本語インストーラだけ現れる)
    • 日本語地域パック (日本語インストーラだけ現れる)
    残りについては以下の説明を読んでチェックするか選んでください。
    Mail & Newsgroups
    Mozilla版メーラとニュースリーダ(朝日新聞とかのニュースではなく、ネットニュースのこと。誤解を恐れずに言えばgoogleのグループと同等機能と思ってください)がインストールされます。愛用のメーラがあってMozillaのメーラをインストールしたくない人はoffにしてください。
    Chatzilla
    IRCによるチャットをしたい人はチェック(入れてもシステムに影響はないので意味がわからない人はとりあえずチェック。)
    JavaScriptデバッガ(Debugger)
    Java Scriptのデバッガを使いたい人はチェックしてください(わからなければチェックしても無害です)。
    Inspector
    DOM Inspectorを使いたい人(あっても悪さはしないので、わからなければとりあえずチェック。)
    Quality Feedback Agent
    なんらかのバグにヒットしてMozillaがダウンしたとき、ダウン時の状態データをNetscape社に自動送信する機能。 Mozillaの性格上チェックして欲しいのですが、ファイヤーウォールがあったり回線が細くてフィードバックできにくい環境の人はオフにすれば送信されません。 (ちなみに最近は安定してしまっているので、そうそう落ちたりしません。)
    上記以外の項目はチェック不要です(チェックすることによる影響がわかる人だけチェックしてください)。 チェックし終わったら「次へ」(Next)を押します。
  6. 次の画面でスタートメニューの登録を確認されるので、何も考えず「次へ」(Next)を押します。
  7. 次に「高速起動」(QuickLaunch)を使うか聞いてきます。 起動をキビキビさせたい人は画面下にあるチェックボックスをチェックしてください。 常駐ソフトが嫌いな人はチェックしないでください。 指定が終わったらまた「次へ」(Next)。
  8. 最後にインストール設定の確認画面がでるので、確認して問題なければ「インストール」(Install)を押します。
  9. インストールが開始されます。完了すると、今までもじら/Netscape6,7を使っていた人は「プロファイルの選択(Select User Profile)」画面が表示されますから、以下の手順で新しいプロファイルを作ってください。
    1. 画面下のほうにある「プロファイルの管理(Manage Profiles...)」を押してください。
    2. 「プロファイルの作成(Create Profile...)」を押してください。
    3. 「プロファイルの作成(Create Profile)」ウィザード画面がでるので、まず「次へ(Next)」を押します。
    4. 新しいプロファイル名を求められるので好きな名前(これがフォルダ名になります。日本語・全角文字・半角記号は使わないのが無難です)を入力して「完了(Finish)」を押します。プロファイル名はバージョン番号(1-0-1等)を混ぜておくとあとでプロファイルの整理が楽です。
    5. プロファイルの管理(Profile Manager)画面に戻るので、今作成したプロファイル名を選択して、「Mozillaを起動(Start Mozilla)」を押すともじらが起動します。
  10. もじらが初めて起動するとき、以下のメッセージとともに確認ダイアログが表示されます。
    Mozillaは現在デフォルトのブラウザに設定されません。 デフォルトのブラウザに設定しますか? (Mozilla is not currently set as your default browser. Would you like to make it your default browser?)
    これに対しては必ず「いいえ」(No)を選択してください。 「はい」(Yes)を選択するといろいろな拡張子がもじらに関連付けされてしまいます。 一旦いいえを選択すれば次回起動時からはもう聞かれません。

もじらを日本語化する(英語版インストーラを使った場合)

オリジナル(英語版)もじらをインストールした人はこのタイミングで前述のJLPをインストールして日本語化します。

やりかたは簡単で、前述のJLPのサイトに行き、 インストールしたもじらのバージョンに対応する日本語パッケージのリンク(Install onlyのほう)を クリックするだけで自動的にダウンロードとインストールが行われます。 場合によりクリックしてもインストール中のダイアログが表示されない場合がありますが、 そのときはInstall or Getの方をクリックしてみてください。

インストールが終了すると、「もじらを再起動してください」と言われるので、一旦もじらを 終了(QuickLaunchを使用しているときはそれも)させ、もじらを再起動します。

再起動後、メニューが英語のままだったら、"View"メニューの"Langage"をクリックして、"Japanese(Japan)"を 選択して、もう一度再起動してみてください。


以前の版の設定を組み込む

前のバージョンを使っていた人は以下の手順で過去の設定を組み込んでください。 今回はじめてインストールする人は不要ですから「もじらを設定する」に進んでください。

  1. 一旦起動した新しい版のもじらを終了させる。
  2. エクスプローラ(IEじゃないよ)を開き、メニューの[ツール]−[フォルダオプション] を選択して「表示」タブを開く。 そして「すべてのファイルとフォルダを表示する」にチェックする(既にチェックされていれば問題なし)。
  3. エクスプローラでユーザの個人設定が入ったMozillaフォルダを開く。 プロファイルの場所はOSによって異なっている。 ざっくりと説明すると、モジラを使っているユーザ名が「foo」の場合、以下の場所にある。
    Windows 2000/XP
    システムドライブ:\Documents and Settings\foo\Aplication Data\Mozilla\Profiles
    Windows NT4.0
    システムドライブ:\WINNT\Profiles\foo\Aplication Data\Mozilla\Profiles
    Windows 95/98/Me
    システムドライブ:\(システムフォルダ名[Windows等])\Aplication Data\Mozilla\Profiles
    上記の説明だけでは良くわからない人やマックユーザの人は、 もじら組のmozilla0.9.9 のインストール時注意事項の 「ステータスバーの下にプログラムソースの一部が表示される」の「対処方法」に、 絵入りで詳しくProfilesフォルダのありかが載っているのでまずそちらをよく読んでください。
  4. 上記プロファイルディレクトリの中に今まで使っていたプロファイル名から始まるフォルダ(旧フォルダとします) と先ほど作成したプロファイル名からはじまるフォルダ(新フォルダとします)があるはずです。
  5. 以下のファイルのうち必要なものを旧フォルダから新フォルダにコピーする。
    ブックマーク
    default\(適当な文字列).slt\bookmarks.html
    クッキーと画像のブロック情報
    default\(適当な文字列).slt\cookies.txt
    default\(適当な文字列).slt\cookperm.txt
    履歴情報(History)
    default\(適当な文字列).slt\history.dat

    上記はブラウザとして利用する為の最低限の設定です。 前の版でメール・ニュース環境を使用していた人は更なる設定の引継ぎが必要です。 リリースノート に各ファイルの意味が載っているので、必要と思うファイルを一つずつコピーしてください。

  6. もじらを再起動させる。